STAFF BLOG

2013年5月 7日 火曜日

おのれナポレオン bud's HAIR西岡和彦

東京芸術劇場プレイホールで上演中の舞台、『おのれナポレオン』

を観に行ってきた。

三谷幸喜の劇作・演出で、なんと野田秀樹が

ナポレオン役を演じるという、すばらしく魅力的なタッグ。

まわりを固める俳優も、山本耕史、内野聖陽、

天海祐希にと、主役級がずらり!





セント・ヘレナ島でのナポレオンの死にまつわる謎を追う、

ミステリー仕立てのストーリー。


冒頭からシリアスなムードで始まり、あれ、三谷節では?喜劇では?

という感じだったけど、

野田秀樹扮するナポレオンが奇声を上げて登場する!

一気に場の空気がゆるみ、会場が爆笑につつまれ、

登場するだけでガラッと雰囲気が変わる、すごい!


やりすぎちゃうのと思うほどのナポレオンの奇人変人っぷり、

腹心の部下、愛人、おかかえ医師、従僕、

そしてナポレオンの監視役の英軍人と、

まわりのマジメさがいい感じに中和している。



話が進むうちに、

側近たちもナポレオンに対して腹に一物抱えていることがわかる。

単なる尊敬や愛だけではなく、

実は憎しみも抱いていることが露呈する。



複雑やねぇー、人間ちゅーもんは。



ナポレオンの「忘却」という罪深さ。

山本耕史演じる側近・モントロン、、、

敬愛する人物に忘れられることほど、

絶望と憎しみを抱くことはないだろう。



そして、側近たちの「おのれ...」

という憎しみすら利用するナポレオンのたくらみ。

戦術の天才にして、

いやらしいほど人間心理を理解しているこの男は、

自身 の名誉を守るために、命をかけた最後のチェスを打つ。


(「名誉(honneur)」と「おのれ」がかかっている)



ストーリーも演技も、本当に素晴らしくおもしろい舞台だった!






Standing ovation は言うまでもない。。。






チェスやろうかな!












ミニチュア版で舞台セット!









恵比寿の美容室は、バズでしょ!

西岡和彦







新着情報

一覧を見る

2013/05/25

NEW HIT HAIRをコレクションにて更新致しました。是非チェックを!

2013/03/03

3月発売以降、売り切れ多数のヘアカタログ「mina 運命のサロンに出会う」
バズヘアーも掲載されましたので、店頭でお見かけの際にはチェックしてみて下さい★

ACCESS

〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-12-3

ホームページを見たとお伝えください TEL 03-5459-6288

受付時間:AM11:00~PM9:00